FC2ブログ
典昭堂のおすすめ本
インターネット・ショッピングサイト「浜松の老舗古本屋 典昭堂」がおすすめする本を紹介!
プロフィール

tensyoudo.com

Author:tensyoudo.com
浜松の老舗古本屋 典昭堂
創業昭和9年 浜松で昔から親しまれている老舗古本屋!

ブログ内検索

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

time

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

スバルは何を創ったか -スバル360とスバル1000、"独創性"の系譜-
スバルは何を創ったか

「スバルは何を創ったか」
 -スバル360とスバル1000、"独創性"の系譜- 山海堂

定 価:¥2,940(税込)
ありがとうございます
販売終了しました
<新本の割引本>


「てんとう虫」の通称で広く庶民に親しまれた、かわいい姿のスバル360。

日本が本格的に乗用車の生産に踏み出した年代に、(トヨタ/トヨペット・クラウン、日産/ダットサン)富士重工業はスバル360で自動車産業への進出に成功します。
その後、本格的モータリゼーションの時代では、(日産/サニー、トヨタ/カローラ)富士重工業はスバル1000を発売します。

このスバル360とスバル1000、歴史的に意義深い2台を、本書では「独創性」をキーワードに、この2台がどのような考えに基づいて、どんな過程を経て開発されていったのか、中島飛行機時代からの流れの中で丹念に探っています。

実際に開発に携わったエンジニアから、膨大な資料をもとに綴った本書は、スバル360とスバル1000のテクノロジーを解明することはもちろん、「スバル」に継承される”精神”を読み解くバイブルとも言えます。