典昭堂のおすすめ本
インターネット・ショッピングサイト「浜松の老舗古本屋 典昭堂」がおすすめする本を紹介!
プロフィール

tensyoudo.com

Author:tensyoudo.com
浜松の老舗古本屋 典昭堂
創業昭和9年 浜松で昔から親しまれている老舗古本屋!

ブログ内検索

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

time

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

原色日本の美術 全巻30冊 小学館
原色日本の美術  全巻30冊  小学館
原色日本の美術 全巻30冊 小学館
定 価:¥16万3,800(税込)
ありがとうございます
販売終了しました


原色日本の美術 全巻30冊、入荷しました!

原色日本の美術は、昭和45年に小学館より全30巻で発行されましたが、本書は昭和54年発行全30巻の原色日本の美術になります。
本書は、昭和45年版と内容は同じですが、函が布張りになり作りが豪華になっています。
その後、昭和55年以降改訂され、陶芸(2)と在外美術(絵画)の2冊が増え全32巻になりました。

図版で日本を代表する美術品の数々が収録されています。
また図版解説もその分野に精通した大学教授等によって解説されています。

状態は、ほとんど綺麗な状態ですが、函のヤケ・シミが少々あり、本誌は巻数によっては小口や見返しの部分に若干黄ばみ・シミのあるものございます。
昭和45年版の原色日本の美術と比べると、非常に綺麗な状態と言えます。



週刊 日本の古典を見る 全30冊
週刊 日本の古典を見る 全30冊

週刊 日本の古典を見る 全30冊
「週刊 日本の古典を見る 全30冊」 世界文化社
定 価:¥16,170(税込)
ありがとうございます
販売終了しました


数多くの写真や絵巻がとても綺麗で、その図版と共に日本の古典を似やすく、分りやすく解説しています。
どなたでも楽しく日本の古典の魅力を堪能できます。

週刊日本の古典を見る 全30冊 内容
1巻 源氏物語 Ⅰ
2巻 源氏物語 Ⅱ
3巻 古事記 Ⅰ
4巻 古事記 Ⅱ
5巻 竹取物語 Ⅰ
6巻 竹取物語 Ⅱ
7巻 枕草子 Ⅰ
8巻 枕草子 Ⅱ
9巻 平家物語 Ⅰ
10巻 平家物語 Ⅱ
11巻 平家物語 Ⅲ
12巻 太平記 Ⅰ
13巻 太平記 Ⅱ
14巻 伊勢物語 Ⅰ
15巻 伊勢物語 Ⅱ
16巻 今昔物語 Ⅰ
17巻 今昔物語 Ⅱ
18巻 蜻蛉日記 Ⅰ
19巻 蜻蛉日記 Ⅱ
20巻 宇治拾遺物語 Ⅰ
21巻 宇治拾遺物語 Ⅱ
22巻 徒然草 Ⅰ
23巻 徒然草 Ⅱ
24巻 方丈記 Ⅰ
25巻 方丈記 Ⅱ
26巻 万葉集 Ⅰ
27巻 万葉集 Ⅱ
28巻 奥の細道 Ⅰ
29巻 奥の細道 Ⅱ
30巻 お伽草子





「ライカの歴史」 写真工業
「ライカの歴史」  写真工業別冊
「ライカの歴史」 写真工業
定 価:¥3,675(税込)
ありがとうございます
販売終了しました


1962年1月からの写真工業誌に連載された「ライカの歴史」を中心として、オールドライカ、その後のライカ製品を加えた、ライカの歴史書です。
数多い写真と共にライカの歴史とカメラの数々を紹介!!




チョートクのボクのカメラたち  田中長徳
チョートクのボクのカメラたち
「チョートクのボクのカメラたち」 田中長徳 グリーンアロー出版
定 価:¥3,800(税込)
ありがとうございます
販売終了しました


クラシックカメラの第一人者、カメラの達人「田中長徳」の持っている全部のカメラの本を作ろう!とい事で出版された本です。
が、なんと1005pものぶ厚い本でありながら、手に届く場所にあるカメラを紹介しただけで全ページが終わってしまったと言いますから、チョートクの持っているカメラの量に驚かされるはずです。
チョートク所有のカメラ、300台余りを入手した動機や入手方法・評価等を付け、全点写真つきで紹介しています。



中古カメラ大集合  筑摩書房
中古カメラ大集合
「中古カメラ大集合」 筑摩書房
定 価:¥2,100(税込)
ありがとうございました
販売終了しました


この手触りがたまらない!!
本書の表紙イラストは「コンタックスⅢa」
ツァイス・イコン(ドイツ)はライカへの対抗意識から世界初の電子露出計を組み込んだコンタックスⅢを1936年に発売し、戦後Ⅲ型を小型にし細部を改良して再生産されたのが「コンタックスⅢa」です。

他、ズノー、ビテッサ、デュカティ、ライカCL、ペンティ、ミノルタ、オートコードⅢ…など、
中古カメラファンの血が騒ぐ、45機がずらり!
全機種の細密イラストに加え、試し撮りも全点収録されています。





神保町シアター 「日本映画★近代文学全集」
今日、よくご来店頂くお客様より、神保町シアターで
「日本映画★近代文学全集」(「本の街・神保町」文芸映画特集Vol.14)を
見てきたというお話をお伺いしました。

谷崎潤一郎の気に入った作品が多くあったようで、日本文学全集の本と共に、楽しいお話を聞かせていただきました。

神保町シアターは、本の街、東京 神田 神保町に2007年7月に神保町花月と共にオープンした邦画中心の名画座で、話題の新作映画や古き良き日本の名作映画などを毎日上映しています。

残念ながら、鴎外、漱石、一葉、藤村、鏡花、荷風、谷崎等の映画で見る日本近代文学「日本映画★近代文学全集」は、先日の6月5(金)で上映が終わりましたが、現在は、「本の街・神保町」文芸映画特集Vol.15 川本三郎編 昭和映画紀行 観光バスの行かない町 として6月6日(土)~7月3日(金)まで、評論家川本三郎氏の作品選定によりローカル色豊かな映画を上映しています。

▽詳しくは神保町シアターのサイトをご覧下さい!
神保町シアター



時雨みち  藤沢周平
藤沢周平が奏でる、文章の美しさと日本人の心・哀愁を知ってしまった人は、もう藤沢文学のとりこでしょう!!
大きな感動が、あなたの心をより豊かにしてくれます。

以前に、ドラマ化や映画化もされた有名な「蝉しぐれ」 を紹介しましたが、今回は「時雨みち」という短編集。

時雨みち 藤沢周平
「時雨みち」 藤沢周平 新潮文庫
定 価:¥579(税込)
ありがとうございます
販売終了しました


帯の広告からも分かるように、本書「時雨みち」の短編集の中の「山桜」が、田中麗奈、東山紀之主演で映画化されています。

藤沢周平の作品は「蝉しぐれ」の他に「たそがれ清兵衛」や「武士の一分」も映画化されていますが、どれも下級武士が主人公です。

しかしこの「山桜」は、最初の結婚が夫の急死によって幕を閉じ、1年前に再婚した23才の野江という女性が主人公です。
出戻りの嫁と、嫁いだ家から冷たくあしらわれても、嫁として懸命に耐え続ける野江。
そんな野江ですが、叔母の墓参りの帰り道、薄紅色の花をいっぱいつけた1本の山桜の下で、手塚弥一郎という武士に出会います。

弥一郎は、桜の枝を折って渡した後、
「今は、お幸せでござろうな」
と静かに口を開きますが、
その思いがけない言葉に戸惑う野江。
今の境遇を押し隠し、ただ 「…はい」 と野江が答えると
「さようか。案じておったが、それは何より」
と微笑み去っていきます。

この、ただ、一度の出会いが、二人の未来を大きく揺るがします。

映画は見ていないので分かりませんが、原作では、この作品の続きがもしあるのならば是非読みたい、長編作品で書いてほしかった、と思わせるほど、余韻を残す作品です。

まわり道のあとで見つける、いるべき場所。
4人の女性が示す生き方。
江戸も現代もなんら変わらない、日本の心を感じてください!!

~~~

風雪に耐えて咲く山桜の下

男はひたむきに正義を貫き、

女は熱い想いを胸に秘めた。

幸せへのまわり道…

           ~~~
           (映画 キャッチコピーより)



本書は、現在ネットショップにはアップしていませんので、ご希望のお客様は、誠に恐れ入りますがお問い合わせよりご連絡くださいませ。
※当店在庫、販売済み

▽ご希望のお客様
時雨みち (新潮文庫) (Amazonへリンクしています)


赤瀬川原平の冒険 脳内リゾート開発大作戦
赤瀬川原平の冒険 脳内リゾート開発大作戦

「赤瀬川原平の冒険  脳内リゾート開発大作戦」
ありがとうございます
販売終了しました


赤瀬川原平の冒険  脳内リゾート開発大作戦

誕生から現在にいたるまでの変幻自在で優柔不断な芸術家、赤瀬川原平の冒険を、それぞれの時代における美術作品、物件、資料によって全9章で構成されています。
その足跡として残された膨大な資料と解説、またエッセイ等により赤瀬川原平の全貌を紹介しています。

この「赤瀬川原平の冒険」、他店等では高値で販売されいる書籍ですが、当店ならではの安売り価格で販売致します。
美術展に行けなかった方、また探されていた方、この機会をお見逃しなく!!




引揚港 舞鶴の記録
引揚港 舞鶴の記録
引揚港 舞鶴の記録
定 価:¥1,600(税込)
ありがとうございます
販売終了しました


引揚港 舞鶴の記録

引揚港 舞鶴の記録

舞鶴市が昭和60年10月に開催した「引揚港”まいづる”を偲ぶ全国の集い」を記念して編さんされた記念誌に、舞鶴市が一部手を加え改訂した写真集です。
引き揚げ当時の古い写真を中心に、引き揚げの史実が解説されています。