FC2ブログ
典昭堂のおすすめ本
インターネット・ショッピングサイト「浜松の老舗古本屋 典昭堂」がおすすめする本を紹介!
プロフィール

tensyoudo.com

Author:tensyoudo.com
浜松の老舗古本屋 典昭堂
創業昭和9年 浜松で昔から親しまれている老舗古本屋!

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

time

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

忠臣蔵 上・下巻 森村誠一 徳間文庫
年の暮れに楽しめる本と言ったら「忠臣蔵」は外せないでしょう!

主君の仇を報ずるために四十七人もの人間が一丸となり、一年有半の辛苦を重ねて遂に本懐を達したこの話は、あまりに有名で、義理人情に弱い日本人の心を時代を問わず動かしています。
その為、 大佛次郎・池宮彰一郎・山田風太郎・津本陽・池宮彰一郎などなどいろいろな作家が忠臣蔵を書いており、各出版社から刊行されています。

今回紹介する忠臣蔵は、森村誠一著者、先月に文庫版で出版されたばかりの作品です。
この忠臣蔵は、実は1989年に朝日新聞社より出版されており、それを文庫版にしたものになります。

忠臣蔵 上巻 森村誠一 徳間文庫

忠臣蔵 下巻 森村誠一 徳間文庫

忠臣蔵 上・下巻 森村誠一 徳間文庫
発 行:2007年11月
定 価:¥2,000(税込)
ありがとうございます
販売終了しました


森村作品は1989年にテレビドラマで放送された「大忠臣蔵」、大石内蔵助役を九代目松本幸四郎が演じた作品の原作にもなっています。

主役が四十七士の浅野方で悪役の吉良方はワキになる作品が多い中、浅野方、吉良方を対等に捕らえ、あまり語られてきていない人物や隠されている事件等にも光をあてた、人間蔵ドラマとして描かれています。
構想に十余年費やしたというこの作品、日本人のロマンの原点が感じられます!!

※本書はネットショップにアップしていませんので、ご希望の方はお手数ですが、お問い合わせよりご連絡下さいませ。


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tensyoudo.blog71.fc2.com/tb.php/228-5107061b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)