FC2ブログ
典昭堂のおすすめ本
インターネット・ショッピングサイト「浜松の老舗古本屋 典昭堂」がおすすめする本を紹介!
プロフィール

tensyoudo.com

Author:tensyoudo.com
浜松の老舗古本屋 典昭堂
創業昭和9年 浜松で昔から親しまれている老舗古本屋!

ブログ内検索

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

time

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

日本のウランガラス
日本のウランガラス 里文出版
「日本のウランガラス」 里文出版
定 価:¥3,087(税込)
ありがとうございます
販売終了しました
<新本の割引本>

ウランガラスとは、ブラックライトを当てると、美しく蛍光色で光るガラスの事です。

THE ALFEEの坂崎幸之助氏が、日本のウランガラスの収集家でもあり、和ガラスに抱かれて―坂崎幸之助のガラス・コレクション (コロナ・ブックス)等も出版し、特にファンの方々を中心に話題を呼びました。

極少量のウランを着色材として加えたガラスで、1830年頃から1940年頃の間にヨーロッパやアメリカで多く製造されていたため、骨董・アンティークとしてファンも多く、高値で取引されているようです。

とにかく、暗い中でブラックライトを当てると、黄緑色っぼい蛍光色を放つその姿は絶賛です。

本書は、そのTHE ALFEEの坂崎幸之助氏が、これこそが僕の待ちに待った一冊だ!と絶賛する本で、謎だらけだったウランガラスの真実が、今やっと解き明かされます。

日本のウランガラス 里文出版

日本のウランガラス 里文出版

日本のウランガラス 里文出版

日本のウランガラス 里文出版

本書内容
1.ヒスイトリー
2.日本のウランガラス
3.技法、色、蛍光
4.ウランガラスの作り手たち
5.ゴールデングローライト
6.戦後のウランガラス
7.新たな展開
図版解説

昔は、多くの家にウランガラスはあったようです。
だた知られていないだけです。
今でもあなたの家にあるかも知れません。ブラックライトを当ててみてください!
蛍光灯でも美しく輝きます!




その他、ウランガラス関連書籍
▽amazon.co.jpにリンク

骨董ファン (Vol.14)

ウランガラス   苫米地顯著  岩波ブックセンター

Yellow Green Vaseline

The Big Book of Vaseline Glass (Schiffer Book for Collectors.)

The Picture Book of Vaseline Glass

Pictorial Guide to Vaseline Glass (Schiffer Book for Collectors)




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tensyoudo.blog71.fc2.com/tb.php/317-d848960a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)