典昭堂のおすすめ本
インターネット・ショッピングサイト「浜松の老舗古本屋 典昭堂」がおすすめする本を紹介!
プロフィール

tensyoudo.com

Author:tensyoudo.com
浜松の老舗古本屋 典昭堂
創業昭和9年 浜松で昔から親しまれている老舗古本屋!

ブログ内検索

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

time

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

30歳で亡くなった新美南吉の作品「うた時計」
「ごん狐」「手袋を買いに」「おじいさんのランプ」「牛をつないだ椿の木」など数々の名作童話を残し、わずか30歳の若さで彗星のように消え去った新美南吉!

そんな南吉は、よく宮沢賢治と並び称される童話作家です。
南吉童話の特長は、ストーリー性が豊かで、作者のいいたいことがはっきりしています。

そんな中でも、物語のおもしろさより、子どもの中にひそんでいる体験を通して「人間の本質」を教えてくれる作品が、この「うた時計」です!
人間って、こういうもんなんだな!と知らせてくれます。
うた時計の他に4話収載された、短編集です。



「うた時計」新美南吉 フォア文庫
<新本の割引本>
定価:588円(税込)
ありがとうございます
販売終了しました


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://tensyoudo.blog71.fc2.com/tb.php/53-f1f78409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【牛をつないだ椿の木】について

牛をつないだ椿の木『牛をつないだ椿の木』(うしをつないだつばきのき)は新美南吉作の児童文学。南吉最晩年の作品。南吉の生前に計画され、死の直後に刊行された童話集「新美南吉#作品|牛をつないだ椿の木」(1943年)に収載された。初出は「少国民文化」(1943年)。.wikil 童話大辞典【2007/02/05 04:43】

ごん狐『ごん狐』(ごんぎつね)は、新美南吉作の児童文学。南吉の代表作で、初出は「赤い鳥」1932年1月号。作者の死の直後に刊行された童話集『花のき村と盗人たち』に収載された。南吉の出身地である愛知県知多郡半田町(現在の愛知県半田市)岩滑(やなべ)地区の矢勝川 童話について【2007/09/14 13:44】